メインイメージ画像

8時間以上の使用の場合

実は毎日長時間装着する人には通販で最近、最も売れているソフトレンズよりハードタイプのレンズがおススメです。ハードレンズの特色は特殊であるプラスチックで固さのあるレンズですが、酸素を浸透するために酸素不足が起きにくいのです。ですが、付け心地に違和感を感じる方も多く、慣れるまでに少し時間がかかります。その造りはザルのようで、酸素が浸透してくるとレンズ素材の分子間を通り抜けて、直接角膜に酸素がいきわたります。レンズのサイズは黒目より少し小さめで、動くので涙液の交換がスムーズなので、目に沢山酸素をおくることが出来ます。

お手入れもソフトレンズよりは簡単で専用の液で洗浄、保存しますがすすぎは水道水で出来ます。アレルギーのある人やコンタクトレンズが汚れやすい人におススメです。

コンタクトレンズというのは視力などを補正するための医療機器になりますから、医療品に分けられます。同じく視力を補正するメガネよりもとても優れた点が多いですが、直に角膜につけるため目にかかる負荷も大きいです。お手入れなどにも手間がかかります。

つけている時間が制限されていたり、使用期間が決められていたり、何もなくても医師の健診を受けなくてはいけない等面倒クサイことも多いですが、守らないと角膜炎症とかの目の病気にかかったりします。通信販売や量販店などでも手軽に購入することが出来るようになっていますが、医療品だということを忘れず、使用方法とか使用期限などはちゃんと守ることが大切です。目はとても繊細ですから、注意することが大切になります。